スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

“10人目の守備”の存在感

 2007-06-24
「スローピッチ特有のSF(ショートフィルダー)をどこに置くのが効果的か」
ワタシは、いまだ結論が出せないでいる。

ジェイコブズ・フィールドにおけるSFは、2B(セカンド)の隣にいる場合が多いが、例えば、東京ドーム(!?)のような広い球場でのゲームならどうなるだろう。

外野を4人にするのがいいのか。ではその4人を横一列に並べるのか、またはレフトとショートの間とか、ライトとセカンドの間にSFを置き、たて2列に並べるのか。
いずれにせよ“お見合い”や“激突“が怖いので、お互いの守備範囲を確認する作業が必要だろう。

対戦相手をよく知っているなら、バッターによっては、SFが思いきったポジションをとるのが、効果的か。例えば三塁線上とか、投手のすぐ後ろとか。
初顔合わせの相手なら、長打警戒で外野手をフェンス際まで下げて、内野手後方のポップフライはSFに任せるのがベターか。

他には、SS(ショートストップ)とSF(ショートフィルダー)を、横に並べるのはどうか。打者から見てサード右後方と、二塁ベース左後方に2人の内野手がいるイメージ。
サードは前進守備で、二塁ベースカバーはSFが入る。三遊間を抜けるような当たりを、内野ゴロゲッツーにできる確率が高くなるかも…

スローピッチだから、打者にバットに当てられるのはしょうがない。ならば、どこに打たせるか、走者をどこで刺すか、そこがスローピッチの投球・守備の見せ所であり、“10人目の守備”SFがキープレーヤーとなるだろう。

スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

第4節のベストショット!

 2007-06-17
「オレがルールブックだあっ~!」 と言っているかどうか分かりませんが… 派手なジャッジパフォーマンス、いいですね~プレーする選手達に安心感を与えます。

MSLでは、アンリトゥンルールで審判に異議を唱えたら退場です。「休憩中のチームに審判をお願いしている」わけですから、謙虚にジャッジを受け入れましょう。

これからの時期、プレーする選手よりも(?)審判団がキツイです。水分補給をしながらジャッジをよろしくお願いします!

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

対戦カードが決定!(東日本大会)

 2007-06-12
MSL事務局は、第2回東日本大会(8月18日(土)  18時~ シェルコム仙台)のスケジュールを発表した。

アロマー・コミッショナーは「今年はボブズ戦からスタートだね。
早めに現地入りして、集中力を高めてからゲームに入らないと、気付いた時にはすでにワンサイドゲーム、なんてことも十分ありうるよ。
集中力を切らさずに、仙台戦まで一気にいきたいね」とコメントした。


           ○第1試合 MSLオールスターズ vs 綱島ボブルヘッズ
           ○第2試合 MSLオールスターズ vs 仙台イーグルス
           ○第3試合 綱島ボブルヘッズ   vs 仙台イーグルス

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

巻き返しへ!

 2007-06-03
MSL合同練習が行われ、アスレチックスとインディアンスから選手達が参加した。

今シーズン連敗スタートとなった両チームだが、練習試合の熱いプレーからは、「巻き返すゾ!」という意気込みがヒシヒシと伝わってきた。

アスレチックスは、07スタイル“長打力と走力の融合”打線が爆発、長短打でつないで大量得点を奪い、投げてはゲン投手が、高速スライダーを駆使し、あわや完封というナイスピッチングを見せた。

インディアンスも、ウッチー選手、ウエモ選手が絶好調で大飛球を連発し、膝の故障でDL入りが心配されているサバシア監督も、ベニックサポーターで完璧ガードしながら、見事なフィールディングを見せた。

アロマー・コミッショナーは「急な招集にもかかわらず、たくさんの選手が参加してくれてうれしいね。各チームの監督さんには本当に感謝しているよ。

次節は、アスレチックスとインディアンスの追い上げに期待だね。コミッショナー的には、優勝争いがシーズン終盤までもつれる展開になってほしいからね」と語った。

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。