スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ありがとう、ギルガメッシュ!

 2007-08-26
MSL史上最高のバッター・ギルガメッシュ選手(メッツ)が、MSLを卒業することとなった。04年MVP、05年打点王、06年打率王、04年・05年本塁打王、と輝かしい経歴を残した彼こそ、“MSL史上最高のバッター”という称号がふさわしい。

彼の驚異的な飛距離は、MSLのルールさえも変えてしまった。ライトスタンドにポンポン放りこむ彼の登場は、対戦相手に「ギルガメッシュ・シフト」という、外野手は初めからホームランゾーンで守る、“なりふりかまわぬ”守備シフトを編み出させた。

その後のルール改正で「ピッチャーの投球が手を離れるまで野手はフィールドの外に出てはならない」が加わると、今度は極端に右寄りに守る“王シフト”に近い「ギルガメッシュ・シフトVol.2」が登場。しかし、彼はそのシフトをものともせず、レフトスタンドにボールを流しこみ、ホームランを量産し続けた。

インディアンス・サバシア監督も自身のコラムで「(一部抜粋)と、ゆうわけで、我がインディアンスにも、相手守備陣を巻き込んでまで観客を魅了させるバッターが必要である。(文中省略)しかしギルガメッシュほどの守備体系をとらせるわけではない。その次元まで到達してこそ真の“華のある”パワーヒッターなのである。」とギルガメッシュ選手を、華のあるパワーヒッターだと認めている。

その豪快なバッティングと、シャイで謙虚な性格とのギャップがなんとも好ましい、とMSL内にもギルガメッシュファンは数多い。彼の卒業は多くのファンを嘆かせるだろうが、ぜひ関東のスローピッチリーグに参加して、MSL出身のスローピッチプレイヤーとして活躍してほしい、と切に願う。

美しいホームランアーチをたくさん見せてくれてありがとう、ギルガメッシュ!
スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

より遠くへ!

 2007-08-23
“ホームラン” -その快感を知ってしまった者は、より高く、より遠くへボールを飛ばすことに、すべてをささげる。

その永遠に満たされることのない欲望にとりつかれた者は、時には賞賛の嵐という天国を、時にはポップフライという地獄を味わうことになる。

この動画(音声アリ)を見るか見ないかは、アナタの判断に任せる。が、見ればあなたの心の奥底で、何かがうごめくのを感じるはずだ。

そして今、禁断の扉が開かれる… (決してアヤしい動画じゃないよ・笑)

http://www.youtube.com/watch?v=5lM6KjryEvI

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

MSLオールスターズ V2!(東日本大会)

 2007-08-18
●試合結果

〇第1試合
                      R
綱島ボブルヘッズ   120 020  5
MSLオールスターズ 311 11× 7

〇第2試合              R
MSLオールスターズ  014 4 9
仙台選抜イーグルス  103  3 7

大会を盛り上げてくれた3チームの参加選手の皆さん、応援団の
皆さん、盛岡&石垣島で応援してくれたMSLの皆さんに感謝!!

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

データ流失!(東日本大会)

 2007-08-17
去年に続いて、またもやオーダー表が流失!
MSL事務局の情報管理能力に疑問符!!

●第1試合 VS綱島ボブルヘッズ(打順・選手名・守備位置)
1 マサイチ(6)
2 ワーカー(9)
3 UCクロフォード(3)
4 ミヤビ(8)
5 ダイキョーキン(7)
6 ヨッチ(5)
7 ケンボ(4)
8 HN(2)
9 ジョニー(10)
10 ミスターY(1)
11 アロマー(EH)

●第2試合 VS仙台選抜イーグルス(打順・選手名・守備位置)
1 サバシア(1)
2 ビリー(6)
3 UCクロフォード(3)
4 ダイキョーキン(9)
5 ミヤビ(7)
6 ジョニー(8)
7 BCシニア(5)
8 しゃちょー(2)
9 アロマー(4)
10 メグ(10)
11 サトコ(EH)

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

予告バッテリーを発表!(東日本大会)

 2007-08-12
MSL事務局は、東日本大会の予告バッテリーを発表した。

VS綱島ボブルヘッズ (P)ミスターY(ヤンキース)-ケンボ(メッツ)、(C)キクチ(ヤンキース)

VS仙台選抜イーグルス (P)サバシア(インディアンス)、(C)シャチョー(アスレチックス)

アロマー・コミッショナーは「今年は、昨年とは違うチーム相手に投げてもらうことにしたよ。ボブズ戦は、ミスターY投手の多彩な変化球が見所だね。クローザーはケンボ投手に任せるよ。ウイニングショットの“アレッ!”を期待しているよ。豪華リレーで、ボブズの超重量打線をなんとか最小失点に抑えてほしいね。

イーグルス戦は、サバシア投手に投げきってほしいね。サバシア投手の正確無比なコントロールとシャチョーの緻密なインサイドワークが、新しいケミストリを生むことを期待しているよ。」と熱っぽく語った。

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。