スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アイル・ビー・バック!

 2008-05-11
メッツvsインディアンスの開幕戦。スコアボードに“あの男”の名前が表示されると、スタンドがどよめいた。

「“あの男”が帰ってきた…」

昨シーズン途中、TOKYOリーグへの移籍を発表したMSLを代表するスラッガー、ギルガメッシュ選手が開幕スタメンで登場。
そして注目の第一打席。凱旋帰国のあいさつ代わりに、“木越え”の特大ホームランを叩きこみ、相変わらずの存在感を見せつけた。

“優勝請負人”ギルガメッシュ選手の復帰で、今シーズンのMSLはますますヒートアップしそうである。
試合後、ギルガメッシュ選手よりメッセージが届けられた。
(以下全文)

MSLの皆様、開幕戦お疲れ様でした!Metsの巨大扇風機?ことgilgameshです。
昨年8月、諸事情により電撃引退&東京進出を発表してから約半年。
納会にはビデオ出演という快挙?にて存在感だけは残しておいたのですが、あれ?なんで?奴が?とお思いになった方もいるでしょう。

エースKENBOのお百度参りが実ったのか?(どこに?)
はたまた、ロドリゲスパークの神様が呼び戻したのか?
Metsスマイリー監督へ尽くせの天の声なのか?

偶然に偶然が重なり、この4月、急遽、凱旋帰国となりました。
盛大な送別をいただいておき、結果作秋の2節休んだ形での復帰となり、複雑な気持ちもありますが、今は我が家(MSL)に帰ってきた気持ちです。

プロ野球の若手がシーズン後にウインターリーグに参加して帰ってきた時もこんな感じ?
Mets3年ぶりの優勝に向け、優勝請負人を勝手に名乗り、頑張りますので今後ともよろしくご愛顧のほどお願いいたします。
                                Mets#69 gilgamesh

スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

メッツに特命コーチが就任!

 2008-05-11
08シーズン開幕戦で、インディアンスに競り負けたメッツ・スマイリー監督は、急きょ「特命コーチ」を招集した。

第4試合直前に球場入りしたコーチは、選手たちの前で「麒麟です!」とバリトンボイスで自己紹介。
ところが、通訳を連れてこなかったため、選手たちに“キリン語”が通じず、一同は困惑の表情。
しかし、イッコクドー・ケンボ投手の腹話術で、コミュニケーションがとれるようになり、試合中は特命コーチの“ゲキ”が飛んだ。

特命コーチの登場で息を吹き返したメッツは、昨年のチャンピオン・ヤンキースに勝利し、1勝1敗と2位に浮上した。
その一方で、特命コーチがベンチにいる間、ヨッチ選手が行方不明となる事件が発生。「開幕黒星のショックで修行の旅に出たのでは?」と憶測が飛んだが、ヤンキース戦に途中出場、いつも通りの軽快なプレーを見せ、周囲を安心させた。

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

完全優勝!(インディアンス)

 2008-05-06
(目標) 全戦全勝による完全優勝、そして個人タイトルは4番ファ-ストのDAVIDが、MSL史上初の3冠達成。

毎年、メンツ不足に悩むインディアンス。今シ-ズン、新メンバ-として、オ-ルラウンドプレイヤ-にして左打者である「SASAKI」を獲得。又、レディ-ス&キッズ枠として新たに「YUTA」が今年からフル参戦決定。二年間の少年野球での修行期間を経て、新戦力となる。

完全優勝へ向け、猛特訓といきたいところだが、公式戦以外は興味のない我がインディアンスの面々が集まるわけなし。よって、我々がミラクルを起こせるはずもなく、ヤンキ-ス・メッツ・アスレチックスの逆ミラクルによる他力本願に頼るしかないのが現状。

今シ-ズンは、和気あいあいム-ドのMSLの中にあって、あえて「ヒ-ル」を買ってでよう。

対戦チ-ムのメンツ不足に同情せず、自動アウトル-ル適用に雄叫びをあげよう。勝つために手段は選ばない。とはいえ、これでメッツに2敗(しかも逆転負け)を喫しているのだから、これまた我々の逆底力も凄いものである。

とりあえず、目標は目標。開幕戦、即効で目標修正にならぬように、いつもの様に適当にがんばるのみ!
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

マンスリー・チームMSL!

 2008-05-01
「ファンタジー・ベースボール」が開幕して、早や1ケ月。
「MAJOR.JP」で、試合結果を毎日チェックするのはモチロンのこと、スポーツニュースで、日本人選手の試合結果を伝える映像の片隅に、「チームMSL」の選手がチラッと映ると、ミョーに感動しちゃったりと、ファンタジーのおかげでMLBを“100倍”楽しんでいます!

さてさて、今月の気になる順位ですが

総合順位 96.5ポイント(16位) ※4月30日現在・20チーム中

R(得点)      112(17位)
HR(ホームラン)   13 (19位)
RBI(打点)   114 (13位)
SB(盗塁)       4 (16位)
AVG(打率)  .243(19位)

W(勝利数)      13(6位)
SV(セーブ)      7(12位)
K(奪三振数)   157(8位)
ERA(防御率)  4.69(13位)
WHIP(走者÷イニング) 1.37(7位)

となりました。
投手陣は、ペドロ・マルティネス(NYM)が初登板で打ちこまれ、そのままDL(故障者リスト)入り…「チームMSL」のエース、CCサバシア(CLE)も開幕戦から3連続で“炎上”、と厳しいスタートとなりました。
プルペンを建て直すため、ランクが低く(最新の成績によって選手ランキングが日々変動する)、どのチームも獲得していないけど、これから活躍する(と勝手に思いこんでいる)投手をかき集めてきました。その中から、シカゴ・カブスのライアン・デンプスターが3勝、マーク・ヘンドリクソン&スコット・オルセンのフロリダ・マーリンズ勢がともに2勝と、勝ち星を稼いでくれました。

そして、23日には、CCサバシアが待望の初勝利!今シーズン終了後にFAでインディアンスを離れるだろう、と言われている彼にとって、今年は自分の“価値”を上げる大切なシーズン。これからに期待です。サバシア、ポール・バード、ジェイク・ウエストブルックの“インディアンス3本柱”が頑張ってくれれば、「チームMSL」の未来は明るいはず!
セープポイントでは、ビリー・ワグナー(NYM)が期待通りの守護神ぶり!6セーブをあげ、いまだ防御率0.00と完璧です。惜しむらくは、ここまでのメッツは、大勝ちか大負けになる試合が多く、ワグナーの登板機会が少ないことでしょうか。

打線では、ナショナルズからメッツに移籍してきたライアン・チャーチが活躍しています。(イチローじゃないほうの)“スズキ君”(OAK)も好調です。ルイス・カスティーヨ(NYM)とデレク・ジーター(NYY)は、開幕直後からDL入りか?とヒヤヒヤしましたが、数試合を欠場しただけでひと安心。試合に出ていれば、そこそこ成績を残してくれると思うので、ケガだけが心配です。

インディアンスのトラビス・ハフナーとケーシー・ブレイクは、元気がないです…ハフナーには、もっとHRを打ってほしいし、ブレークは打率をあげてほしいところ。フランクリン・グティエレス(CLE)とトラビス・バック(OAK)は、開幕からずっと沈黙したまま…我慢して使い続けるか、放出か、決断の時が迫っています。と、ここにきてバックがDL入り!う~ん“グッバイ”か?

ココ・クリスプ(BOS)は、インディアンスでブレイクしてレッドソックスに“栄転”した選手(あのマニー・ラミレスも!)。開幕からセンターを守ってきましたが、ケガで休むと、代わりに出場した若手のジャコビー・エルスベリーが大活躍。この先ケガが完治しても、クリスプの出場機会は激減しそうな予感…Rソックスファンとしては、若手の台頭は嬉しいですが、ファンタジー的にはクリスプに出場してほしい、とビミョ~な心境です(苦笑)

今後の補強ポイントは、なんといってもHRが期待できる長距離砲です。とはいえ、昨シーズン20本以上打っているような選手は、FA市場にはほとんど残っていないので、自チームの主力選手とトレードするか、これから“大化け”しそうな選手を、他チームより先に獲得できればいいんですけどねぇ…

以上、「マンスリー・チームMSL」でした!


<チームMSL・チームリーダーズ>

AVG  .316 ライアン・チャーチ(NYM)  
RBI   18 ライアン・チャーチ(NYM)・ケーシー・ブレイク(CLE)
HR     3 ライアン・チャーチ(NYM)・トラビス・ハフナー(CLE)
SB     6 ルイス・カスティーヨ(NYM)
W      3 ライアン・デンプスター(CHC)
SV     6 ビリー・ワグナー(NYM)
K      33 CCサバシア(CLE)

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。