スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

結果速報!(R4)

 2008-10-26
ルート4シリーズ 試合結果速報

○第1試合
仙台イーグルス 110 000 1| 3
MSL・A     200 603 ×|11

○第2試合
仙台イーグルス 031 |4
MSL・B     400 |4
        ※雨天ノーゲーム

人は笑うだろう 「こんな日に試合するなんて…」
人は怒るだろう 「泥だらけの格好で家に入ってこないで!」

試合直前の雨 次第に強まる雨足 “その気”にさせる小降り
泥だらけのユニフォーム “水没”したホームベース 冷え切った体

笑いたければ笑えばいいさ 怒りたければ怒ればいいさ
けど何だか楽しかったんだよ 本当に楽しかったんだよ

勝ち負けはどうでもいい けどユニフォームの汚さは負けたくない 

なんか、そんな“大人”からみれば、どうしようもなくくだらないことで負けたくなかった そんな試合だった

仙台イーグルスの皆さん、MSLの皆さん、本当におつかれさまでした!

スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

オーダー発表(R4シリーズ)!

 2008-10-24
MSL事務局は、『ルート4シリーズ』の予想オーダーを発表した。

アロマー・コミッショナーは「たくさんの選手に参加してもらい、本当に感謝しているよ。今シーズンのラストゲームをみんなで楽しく過ごしたいね!お願いだから晴れてほしいよ!」とコメントした。

○MSL-A
打順 選手名 守備
1  マサイチ 6
2  ビリー  4
3  タケシ  3
4  ダイキョーキン 5
5  ワーカー 8
6  ナカタ  7
7  ヨコモリ 9
8  ソープ  2
9  ケンボ  1
10  ヨコモリ友人 EH
11  アヤコ(メグ)10

○MSL-B
打順 選手名 守備
1  フェラー 1
2  Ucクロフォード 7
3  ヒロシデス。 6
4  マツ   3
5  ヨッチ  5
6  アロマー 8
7  タイガー 9
8  HN   4
9  ハッチャン 2
10  ユータ  10(EH)
11  ヒロミ  EH(10)

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

開催要項!

 2008-10-21
名称:ルート4シリーズ
日時:10月26日(日)
場所:ロドリゲス・パーク

当日スケジュール:
8:00     MSL集合&設営
8:10~8:25 MSL-A練習
8:25~8:40 MSL-B練習
8:30     仙台イーグルス到着
8:30~8:40 仙台イーグルス・球場ツアー ※ローカルルールの説明等
8:40~8:55 仙台イーグルス練習    

              (先攻・一塁側)   (後攻・三塁側)
第1試合 9:00~10:30 仙台イーグルス vs  MSL-A
第2試合10:30~12:00   MSL-A   vs  MSL-B
第3試合12:00~13:30 仙台イーグルス vs  MSL-B

大会ルール:
①東日本大会ルールを一部採用
・エクステンションマットによるストライク判定
・ダブルベース(一塁・本塁)
・コミットライン(三・本塁の中間地点にラインをひく) 
→三塁を回った走者がコミットラインを越すと、フォースプレイとなる。 
→三塁を回った走者がホームベースとの中間にあるコミットラインを越えなければ、三塁への帰塁は可能であるが、ラインに接触もしくは超えた場合は本塁への走塁を続行しなければならず、三塁への帰塁は許されない。この場合、本塁フォースアウトとする。

②ローカルルールを採用
・試合は7イニングで行い、延長は10イニングまで
・送球がそれた場合は、1ベース進塁してよい
・ボールがピッチャーに返球されたところでボールデット
・外野ホームランゾーンの中で野手が捕球したフライはアウト(木などの障害物及びバックネットに当たった後、落下したフライを捕球した場合もアウト)
・ピッチャーの投球が手を離れるまで野手はフィールドの外に出てはならない
・フェアゾーンでバウンドした後、ホームランゾーンに達した場合は2塁まで進塁できる
・ファールボールがMSL関係者以外の車に当たり破損させた場合、その試合を没収試合とし、その打者のチームは負けとする。損害に対してはそのチーム全プレーヤーが分担する。ただし三塁側の球場駐車場は適用外とする

審判:
・審判(主審および塁審)は、試合のないチームが行う。
 (第1試合)MSL-B (第2試合)仙台イーグルス (第3試合)MSL-A

その他:
・駐車場は三塁側奥が選手用駐車場です
・荷物置場は、バックネット裏-仙台イーグルス、三塁側-MSL
 ※座席はございませんので、各自レジャーシート等ご準備下さい
・徒歩圏内にコンビニ等はありませんので、飲物等は事前にご購入下さい

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

勝利の美酒はヤンキースに!

 2008-10-19
「ロドリゲス・カップ」 試合結果

<1回戦>
○ヤンキース  392 4811 0|37 
●アスレチックス201 00 0 0| 3

○インディアンス1574 12|38
●メッツ3A       000 10| 1
 ※時間切れ5回コールド

<3位決定戦>
●メッツ3A    000 002 0| 2
○アスレチックス512 504 ×|17

<決勝戦>
○ヤンキース  300 140 6|14
●インディアンス004 000 4| 8


ロドリゲス・カップについて、アロマー・コミッショナーは「トーナメントの独特の緊張感と、公式戦とはまた違う和やかな雰囲気の中でゲームができて楽しかったよ!
試合後、ヤンキースの新クラブハウスのオープニングセレモニーがあったので、泡盛のプレゼントはグッドタイミングだったね!泡盛を進呈してくれたロドリゲス氏に改めて感謝しているよ!

初参戦のメッツ3Aは、スローピッチ初体験ということで、なかなか思うようなプレーができなかったようだけど、彼らの順応性の早さは驚きだったよ!1試合目と2試合目では、全然プレーが違ったからね。またスローピッチにチャレンジしてほしいね!」と語った。

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

緊急参戦!

 2008-10-16
MSL事務局は、「ロドリゲス・カップ」の出場チームの変更を発表した。

発表によれば、メッツが欠場し、代わりに『メッツ3A』なる新チームが参戦するとのこと。
よって、ロドカップは、ヤンキース・アスレチックス・インディアンス、そして『メッツ・3A』の計4チームで、“泡盛争奪戦”を繰り広げることになる。

会場からは「“ライツ3軍”(­=2003年MSL加盟・メッツの前身)の間違いじゃないのか?」、「メッツはメジャー(一軍)と3Aの選手を総入れ替えする気なのか?」、「今回の“黒幕”は番貯選手なのか?」など質問が飛びかい、会場は騒然とした雰囲気に。

アロマー・コミッショナーは「ダイキョーキン選手(メッツ)がオーナーをつとめる野球チームだということしか、今のところ分からないよ。スローピッチは初体験だと思うので、MSLのみなさんには、ルールなどいろいろアドバイスをお願いしたいね。」と答えた。

続けて「あっ、ちなみに『メッツ3A』のオーダーも聞いてきたんだよ! 1番バッター・ヒラメキン、2番バッター・サンカクキン、3番バッター・ジョーワンニトウキン、4番バッター・ダイキョーキン…」

そして、会見場にはコミッショナー以外、誰もいなくなった…

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

納会は11月1日(土)!

 2008-10-15
MSL事務局は、08シーズンMSL納会を 11月1日(土曜)に行う、と発表した。
尚、開催場所・開始時間などは後日発表となる。

アロマー・コミッショナーは 「今年はアスレチックスに幹事をお願いしたよ。
ビリー選手が『(去年の)メッツ幹事の納会が大成功だったので、プレッシャーだ~』と言っていたけど、アスレチックスカラーを出した納会にしてもらえれば嬉しいね。
MSL選手のみなさんにはたくさん参加してもらって、納会を盛り上げてもらえるようお願いするよ!」 とコメントした。

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

勝利の美酒!

 2008-10-12
19日開催の1DAYトーナメント 『ロドリゲス・カップ(=ロド・カップ)』の優勝賞品が、“ミスターMSL”ことロドリゲス氏より進呈された。

アロマー・コミッショナーは 「とても嬉しいサプライズだね!私が勝手に『ロド・カップ』と命名したのに、ご本人から賞品をいただいて本当に恐縮しているよ。
大会当日は、泡盛に負けないくらい“ホット”なゲームを期待したいね!」とコメントした。

『勝利の美酒』を手に入れるのは、はたしてどのチームか?
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

MEXILE始動!

 2008-10-10
メッツから新プロジェクトが始動!その名も「MEXILE(メグザイル)」!

MEXILEは、“演歌”とダンスパフォーマンスの融合を目指したヴォーカル&ダンス・ユニットとして活動を開始、今後はMSL公式戦の7イニングスストレッチなどで、パフォーマンスを披露する予定という。

リーダーのスマイリー(パフォーマー)は、「まずはライバルのEXILEと同じく、メンバーを7人に増やしたいね。今度、ヴォーカルとパフォーマーのオーディションをやるので、たくさんの応募を待っているよ!」とコメントした。

尚、待望のデビューシングルは 『ただ…勝ちたくて』(発売日未定:ビーベックス・エンタテインメント) に決定した。

(MEXILEのメンバー 写真手前から ワーカー・スマイリー・“メガネクン”・ヨッチ)
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

ロドリゲス・カップ!

 2008-10-06
MSL事務局は、10/19(日)に1DAYトーナメントをおこなう、と発表した。
尚、大会の名称を 『ロドリゲス・カップ (通称ロド・カップ)』 とし、組合せが発表された。

第1試合 ヤンキース(リーグ1位) vs アスレチックス(同4位)
第2試合 メッツ(リーグ2位) vs インディアンス(同3位)
第3試合 決勝戦 (第1試合と第2試合の勝者)
第4試合 3位決定戦 (第1試合と第2試合の敗者)

尚、今大会では、26日(日)に行われる「ルート4シリーズ(仙台イーグルス戦)」と同じルールで行うことも発表された。大会ルールは以下の通り。

①「エクステンションマット」によるストライク判定
→ホームプレート及びエクステンションマットにボールが落ちればストライク。捕手はワンバウンド(以上)した球を捕球

②「ダブルベース」の採用(1塁&本塁)
 (一塁)守備側は白ベースを使用し、打者走者はオレンジベースに触塁
 (本塁)守備側はホームプレートを使用し、走者はエクステンションマットに触塁

③「コミットライン」の採用
→走者が三塁と本塁の中間地点に引かれた「コミットライン」を越すと、フォースプレイ。
三塁を回った走者がホームベースとの中間にあるコミットラインを越えなければ、三塁へ帰塁できるが、ラインを超えた場合は、三塁への帰塁は許されず、本塁フォースプレイとなる

④「1-1ルール」の採用
→打者は1ボール1ストライクのカウントからスタート

※)②③は交錯プレーによるケガ防止対策ルールなので、走者と捕手(一塁手)は、お互いの進路をブロックしないよう、位置取りに気をつけて下さい。

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

ヤンキース優勝!

 2008-10-05
MSL・08シーズンはヤンキースが優勝!これでヤンキースは06年からリーグ3連覇(「ヤンババ」を含む)という快挙を成し遂げた。

ヤンキースの優勝マジック2で迎えた最終節。優勝のキャスティングボートをにぎっていたのは、インディアンスだった。

第1試合はメッツがアスレチックスに勝利。第2試合はヤンキースがインディアンスに黒星を喫し、優勝目前で足踏み、もし第3試合で2位のメッツがインディアンスに勝てば、プレーオフの可能性が出てくる展開となった。

しかし(勝っても優勝に届かないと)“開き直った”インディアンスの前に、メッツもまさかの黒星。続く第4試合でヤンキースがアスレチックスに勝利し、ヤンキースが3年連続のリーグ優勝を決めた。

本当におめでとう、ヤンキース!

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

マンスリー・チームMSL!(最終回)

 2008-10-01
4月のMLB開幕から早や半年。レギュラーシーズン終了とともに、ファンタジー・ベースボール(以下ファンタベ)の『チームMSL』のシーズンも終了しました。

結果は20チーム中16位でフィニッシュ。ファンタベを始めてから、めちゃめちゃ選手の名前を覚えました~スポーツニュースで、日本人選手の対戦相手がちらっと画面に映ると、「あれは、『チームMSL』の選手だ!」とか「あれはこの前ドロップ(放出)した選手だ!」とか思わず反応してしまいます。
当然、テレビでは『チームMSL』の選手が打たれるシーンや、三振するシーンしか見られませんが…

日々の試合結果をチェックして、その日スタメンから外した選手が活躍すると、「オレって見る目ないなぁ~」と軽~く凹んだり、あまり期待していなかった選手が活躍すれば、「オレって見る目あるなぁ~」とニヤニヤしてしまう毎日でした。

今シーズンの『チームMSL』のMVPは…文句なしにCC・サバシア投手ですね。
クリーブランド・インディアンスのエースとして開幕投手をつとめた今シーズン、4月・5月は、登板のたびに“炎上”して、完全に期待を裏切られたと思っていたら、7月にミルウォーキー・ブルワーズに電撃移籍。

移籍後は、11勝2敗、防御率1.65と完全復活。見事ブルワーズを26年ぶりのプレーオフへと導きました。特に終盤戦では中3日で3度の登板と、大車輪の活躍でした。『チームMSL』にとっても、確実にピッチングポイントを稼いで“エース”にふさわしい働きをしてくれました。

ファンタベの面白さは、同じリーグで競い合う他チームとのトレードにあります。『チームMSL』も、2つの大型トレード

IN ニック・スウィッシャー(Wソックス)⇔OUT ライアン・デンプスター(カブス)
IN ジェイソン・ワース(フィリーズ)⇔OUT ジェシー・リッチ(ブルージェイズ)

を実現させましたが、トレードで加入した選手も出た選手もシーズンを通して活躍し、相手チームともお互い納得のいくトレードだったと思います。まぁ正直言えば、若干こちら側がマイナスだったかな…(苦笑)逃がした魚は大きく見えますね…

“裏チーム”として密かにトライしていた「チームALOMAR」もシーズン終了。こちらは16チーム中3位と健闘しました。
ドラフトで獲得したアルバート・プーホールズ(カーディナルス)と、フランシスコ・ロドリゲス(エンジェルス)の活躍が大きかったですね。来年もチャレンジです!

「MSL10周年記念企画第2弾」と称して、MSLにちなんだ4チームの選手で編成した『チームMSL』でファンタベに挑戦して、MLB最新情報も交えながら、『チームMSL』の戦況をお伝えしてきましたが、やっている本人以外面白い訳もなく、皆様のお目汚しにしかならなかったことを、今更ながらお詫びいたします。

まぁいつの日か、ファンタベで「MSLリーグ」なんてプライベートリーグを作って、MSLの選手達と一緒にMLBを楽しめたらいいなぁ~なんて“妄想”しています。ソフトの試合中に、「ウチのAロッドあげるから、この打席は打たせてくれ!」とか交渉しちゃったりして(笑) 何はともあれ半年間お付き合いいただき、ありがとうございました!

<『チームMSL』 リーダーズ>
R(得点) デレク・ジーター(ヤンキース) 88
HR(本塁打) ニック・スウィッシャー(Wソックス) 19
RBI(打点) ケーシー・ブレイク(ドジャース) 74
SB(盗塁) ルイス・カスティーヨ(メッツ) 14
AVG(打率) デレク・ジーター(ヤンキース) .301

W(勝数) CC・サバシア(ブルワーズ) 16
SV(セーブ) ビリー・ワグナー(メッツ) 27
K(奪三振数) CC・サバシア(ブルワーズ) 244
ERA(防御率) CC・サバシア(ブルワーズ) 2.80

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。