スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

オールスターブレイク!

 2010-07-14
MLBはシーズン前半戦が終了し、オールスターブレイクでしばし休戦。
さっそく、MSLでおなじみのチームについて、ここまでの成績をチェックしてみましょう!

ニューヨーク・ヤンキース 56勝32敗 ア・リーグ東地区1位>
バスケスやグランダーソンら“新参者”達が不調でも、ここまでリーグ最高勝率のヤンキース。
サバシア・ペティット・ヒューズの11勝トリオ(と、書いていたら前半最終戦でサバシアが12勝目)、カノー・ガードナーら生え抜き選手の奮闘が光りました。

ny-y.jpg

<注目選手 ・勝手な評価〇△× ・ 勝手なコメント>
ロビンソン・カノー  ここまで打率とOPSのチーム2冠の活躍。今シーズンはキャリアハイの成績が期待できそうです。
ハピアー・バスケス  開幕当初は「やはり去年の好成績はフロックだったのか!」と言いたくなるような成績でしたが、徐々に調子を上げてきて、なんとか7勝7敗で前半を終了、後半戦に期待です。
ニック・ジョンソン × 現在DLで8月には復帰予定。ゴジラの後釜としてDHを期待されましたが、故障が多いという不安材料が現実に…
カーチス・グランダーソン  低打率は予想通りでしたが、期待の長打も不発。後半の巻き返しに期待です。

クリーブランド・インディアンス 34勝54敗 ア・リーグ中地区5位>
チームは最下位に低迷、早くもシーズン終了な雰囲気です。後半戦の楽しみはサンタナの活躍かな…

cl-e.jpg
カルロス・サンタナ  6月にメジャーデビュー後はすばらしい活躍。28試合で5HRと、自慢の長打力も披露し、後半戦も注目です。
チェ・シンス  打撃部門5冠(打率・本塁打・打点・得点・OPS)の活躍で、低迷するチームを牽引してきましたが、7月頭にDL入り。一刻も早い復帰が待たれます。
グレイディ・サイズモア × 5月に左ひざの手術をうけ、早々にシーズンアウト。昨シーズンからプレーしている姿をほとんど見ていないような気が…
ラッセル・ブランニャン × 開幕DLから復帰後は、52試合に出場しましたが、古巣からのラブコールにより、先月末のトレードでマリナーズにお帰りになりました…

ニューヨーク・メッツ 48勝40敗 ナ・リーグ東地区2位>
6月に1敗をはさんで4連勝&8連勝と、一気に浮上してきたメッツ。チームの好不調が激しく、メッツファンはハラハラドキドキの毎日でしょうね!

ny-m.jpg
デビッド・ライト  不調だった昨年のシーズンHR10本を早くもクリアし、ここまでチーム4冠の活躍。一昨年の成績(33HR&124RBI)に届く勢いです。
ホセ・レイエス  36試合の出場に終わった昨年から復活。SBもここまで19個と一昨年の56盗塁に届くかどうか。
マイク・ペルフレイ  チームトップの10勝を挙げ、安定感が出てきました。サンタナとの2本柱でメッツを優勝に導けるか。
アイク・デイビス  08年のトッププロスペクト(=ドラ1)が活躍しています。ただヘイワードやストラスバーグが相手では、ナ・リーグ新人王のタイトルは厳しいかも… 
ジェイソン・ベイ  「(メッツのホーム球場)シティフィールドでは、(左翼のせまい)フェンウエイパークのようには打てないだろう」と思ってはいましたが、それにしてもHRが物足りない感じ。昨年のRソックス在籍時には、前半が絶好調で後半に失速しましたが、今年はオールスター明けから挽回できるでしょうか?

スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。