スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

悲劇再び!

 2016-05-29
WEEK2第3試合、ヤンキース-レイズ戦での出来事。

5回表レイズCOOKING選手の打席。ジャストミートした打球はグリーンモンスターを超える大飛球。ホームランを確信しベンチを飛び出すレイズの面々。悠々とベースを回るCOOKING。

しかしパルテノソ神殿(※)の辺りにヤンキース外野陣が集まり何かを探し始めた。どうやらボールが見つからないらしい。しばしの後「あったぁ~!」の声。何とボールがツタに引っかかっていた!

MSLには地面にボールが落ちる前にキャッチすればアウト、というローカルルールが存在するので、倉庫の屋根から落下してくるボールをキャッチしてアウトという、珍プレーも稀に飛び出す。

結局、ヤンキース外野陣の連携プレーで見事ボールを掴み取ってバッターアウト!COOKING選手にとっては、幻のホームランとなってしまった…

この事件は「ワーカー(現HAYA-P@GIANTS)の悲劇」に続く「COOKINGの悲劇」として後世に語り継がれることであろう。シェークスピアの“四大悲劇”に並ぶには、あと2人の犠牲者(?)が必要なのだが…

(※)パルテノソ神殿 
~MSLホームページ「GLOSSARY」より抜粋~

グリーンモンスター後方に位置するブルペン兼休憩所。アテネ・パルテノン神殿をモチーフに作られたとされている。
過去には、特大ホームランかと思われたボールが、神殿のツタに引っかかって地面に落下せず、アウトになった、という事件があり、「ワーカーの悲劇」と呼ばれ語り継がれている。

099-DSC08867_convert_20160604112215.jpg



カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。